FC2ブログ
気になる世の中の出来事や情報を不定期に発信しています。また、当法人の考え(理念・理想)や日々の実践からの気付きをお伝えできればと思っています。とある施設長のつぶやきBlogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもと違う?スピーチ環境

先日、福祉関係者外に向けて、スピーチさせて頂く機会を頂きました。ありがとうございました。概要を広報誌に掲載して頂きました。。。で、流用致します(〃▽〃)
日本の福祉の未来、早くもっと明るい話をしたいものです。

「高齢者福祉の現場〜現在(いま)と未来(これから)〜」
福祉の現場にいると、少子高齢化は、年々着実に進展していることを実感します。当地福知山においても、労働人口の減少は顕著であり、労働市場は常に逼迫しています。
近年、高齢者を巡っては、認知症が起 因と疑われる行方不明者が3年連続で年間1万人を超え、高齢者の運転による交通事故が社会問題となっています。ローカルにおいては、車移動が生活維持に不可欠な状況にあり、移動手段の制約は、買物難民はもとより、文化的な生活を享受する事さえ脅かしています。時に生活から“つながり”を奪う事さえも。政策は、移動手段の課題を知ってなお、採算性等から公共交通機関ではなく、大型道路整備に多くの公費を費やしています。結果、地方で暮らしてきた高齢者でさえ、都市部への移住を計画し、人口偏重は更に加速しています。
高齢化問題は、今後、都市部へ移行し、更に国家全体の課題となります。福祉、介護の問題は、もはやそのサイドのみの知見で語れず、街づくりそのものに参画し、語られなければ未来は見えません。そして、誰しもいずれ訪れる “死”について、一人ひとりが今以上に向き合うことが求められています。
このような状況の中、福祉の現場では変革がなされようとしています。2017年4月、社会福祉関連法改正により、社会福祉法人は、ガバナンスの強化、積極的な福祉問題への関与、更なる地域貢献が求められます。地域には、既存制度に救われない様々な課題を抱え、支援を必要とする人々が存在します。格差は広がり、個人に起因しない、個人の力ではどうにもならない現状を産み出しています。貧困な日本のセーフティネットは、その網目からこぼれ落ちるものを見過ごすのです。今、私たち社会福祉法人は、その網に目を遣り、その目を詰め、網そのものに弾力を持たせなければなりません。
また、ケア(介護)現場も大きく変わろうとしています。ロボット化等によるノーリフティングケアの推進、ICT化による記録の電子化・コミュニケーション革新、逝き場所(ターミナルケア施設)としての成熟 と機能強化等、時代の要請に応じた変革です。
尊厳ある命の現場として、利用者、家族等関わる人々や地域にとって価値があり、ここに集い働く者等 支える人々にとって、魅力と誇りを持てる現場を創ることが日本の心ある福祉の未来に繋がると信じています。

2017.1雪だるま
〜久しぶりの大雪が続きました💦 雪かきに追われ (゚´Д`゚)゚。いろんな雪だるまが出現(笑)〜

£ 2017年、アメリカでは大統領が変わりました。4月には社会福祉法人改革がスタートします。当法人も、変革の年です (´ω`人)
スポンサーサイト

明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
本年も宜しくお願い致します m(_ _)m
15741277_1416221711751058_5360969083437064919_n.jpg
15781561_1416221205084442_8655384120066106088_n.jpg
15780922_1416203655086197_5710325236335155555_n.jpg
15726718_1416220721751157_348991534653218820_n.jpg

Lifework?? must go on.

ここのところ、先駆的実践者や学者、研究者といった方々と関わる機会が増え、沢山の刺激を受けます。ほんと、勉強不足だなぁ…と ^^;
世の中のほとんど全ての物事は、日々の実践や研究の成果によって、革新の一歩がもたらされています。ライフワークとして取り組まれている方、リタイア後に新たな挑戦をする方等々、自ら新たな壁に立ち向かう姿勢に感銘を受けます (`_´)ゞ

毎日が、毎年がルーティンに感じられた時、イレギュラーを疎ましく感じるようになった時、日常の安寧に溺れる時。。。

「このままでいいのかな」そこにジレンマがあるなら、
もう何かを変えなければならないのかもしれません。

当法人スローガンの中には、介護・福祉の現場にイノベーションを!!とあります。
何よりも自己変革かもしれませんね ^ ^

そして、もちろん、Like a river flows surely to the sea. Some things are meant to be.
もうわかってるはず ^_−(笑)

Starbucks Ryukoku
~You,Unlimited..うん、嫌いじゃないな ^ ^ ~

£ 一度きりの人生、ちゃんと心の声に耳を傾けてみよう。何が正しいかなんて決まったスケールはないんだから。

思い返せば、15年。。。

1999年以来、ソーシャルワークに取り組み、高齢者福祉現場において、介護保険の導入等激動の時代を過ごしました。この間、日本は人口減少社会となり、本格的な少産多死社会に適応するため、社会保障の在り方、医療・福祉のしくみを繰り返し見直してきました。厳しい国家財政の中、社会保障費の抑制は、他方で社会的格差の拡大を助長しています。自助や共助による自立を求める比重が高められているのです。しかしながら、それを支える地域コミュニティーは衰退し、認知症、障害、生活困窮等福祉的支援を必要とする人々は増加の一途を辿っています。既に認知症による行方不明者は年間1万人を数え、認知症はMCI(軽度認知障害)を含めると、800万人を超えると推定されています。このような環境の現代社会において、様々な生活課題に対し、申請主義を基調とした制度設計のみでは、制度の狭間を埋めることはできず、必要な場所に必要な支援を届けることができません。
また、平均余命が世界一の水準である我が国においては、人生の最期を如何に自分らしく過ごすことができるか、QOD(死の質)について考えなければなりません。戦後、医療偏重であった死を迎えるための居場所づくりも重要な課題です。
今、医療・福祉分野においては、地域包括ケアシステムの構築が進められています。様々な生活課題を抱える人々が安心して地域で暮らし続けるために、分野を超えた連携と協働がますます必要とされています。地域社会において、様々な支援者が互いの存在を知り、有機的に繋がることで、より多くの支援を必要とする人々に寄り添うことができると考えます。
長寿社会を支えるため、国民一人ひとりの健康維持への努力や様々な健康推進施策により、健康寿命を延ばすことが国家的Missionとなっています。いよいよ10年後、2025年には、第1次ベビーブーム世代が75歳に達し、有病率の高い後期高齢者となります。誰もが、生かされるのではなく、自分らしい人生を全うできる社会を目指し、私たちは準備を進めなければなりません。
(ある寄稿文より抜粋引用)

P4214252_convert_20150426133925.jpg
〜一人ひとり、しっかりと咲き誇っています✨〜

£ 長〜い冬が終わり、春から夏☀️へと。。。さあ、動き出そう。

聖なる日に。

Merry Christmas
プロフィール

くうしん

Author:くうしん
空心福祉会(公式?)Blogへようこそ!

最新記事
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
2141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
574位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。